下肢静脈瘤の名医がいる病院を利用しよう~安心の治療技術~

man

現代人に多い病気

女医

潰瘍性大腸炎は現代人の特に若年層に多い病気で、再発しやすい病気であるので難病にも指定されています。この治療法に関しては、高カロリーであり、食物繊維や脂質の少ない食事を取る食事療法が一般的な症状の軽いものには推奨されます。

View Detail

最新治療と病院の探し方

お医者さん

プラスな治療方法

椎間板ヘルニアとは、骨同士を繋げるクッションの役割を担っている椎間板の中にある髄核が、外に飛び出すことにより神経を圧迫する病気のことで、痛みやしびれ、麻痺などを引き起こすことがあります。椎間板ヘルニアの症状が見られた場合、保存治療と手術で対応します。ただし、椎間板ヘルニアはすぐに命に関わる病気では無い為、緊急の場合や患者から特に希望された場合を除いては、保存治療が用いられます。保存治療で3ヶ月ほど様子を見ても改善が見られない場合、手術で対応します。手術には内視鏡手術や切開手術がありますが、近年注目されているのがレーザー治療で、髄核をレーザーで蒸発させ、治療する方法です。従来の手術では入院期間が長引いたり、大きな傷跡が残ることがありましたが、レーザー治療では1泊の入院で済み、傷跡も針の穴程度で済むため、特に人気のある治療方法です。

ネットの活用

椎間板ヘルニアの手術は神経に関わる手術のため、特に医師には名医レベルの技術や手術の経験が求められます。また、レーザー治療のような最新機器を導入していることも重要で、レーザー治療を希望したのに病院自体が対応していないと、手術時に病院を変更する必要があるので、面倒です。そこで活用できるのがホームページや口コミです。ホームページには病院内の治療機器や手術経験など、詳細が掲載されているので病院選びの参考となります。ただし、ホームページで自分の病院に不利になる情報を掲載している病院はほとんど無い為、口コミなどで体験談などを確認し、さらに細かな情報を得ることができます。口コミで、保存治療を行わずにすぐに手術を行ったり、手術後の定期健診を行わないなど悪い口コミが多い病院は、初めて受診する病院としてはできるだけ避けるようにしましょう。

早急に病院を利用

下肢静脈瘤の治療を行なう際には出来るだけ治療に関しての名医のいる病院を利用するようにしましょう。下肢静脈瘤の症状を放っておくと重篤な状態にもなりかねません。気を付けましょう。

生まれつきの病気と闘う

病棟

脳動静脈奇形は子供がお母さんのお腹にいる時に、何らかの異常によって起こります。脳動静脈奇形によって脳の内部や表面で血管が破れ、脳内出血などになります。治療には外科手術が必要ですが、できない場合は放射線治療が有効です。

View Detail

がんと闘う人へ

女性医師

がんは日本人に増えている病気で、その治療法は近年、手術でがん化した部位を取り除くものと、放射線治療の二つが主にあります。放射線治療は体を切らなくても治療できる他、臓器を温存しておくことができる反面、副作用もあります。

View Detail