下肢静脈瘤の名医がいる病院を利用しよう~安心の治療技術~

3人の看護師

現代人に多い病気

女医

どんな病気か

潰瘍性大腸炎は原因ははっきりしていないのですが、免疫が弱くなってしまうことによって起こる病気であるので、ストレスや疲労、生活リズムの乱れなどが原因となって大腸が炎症を起こしてしまうことによって大腸に潰瘍が出来てしまう病気です。また、この潰瘍性大腸炎は親もなっていることも多いので、遺伝性もあるのではないかと言われています。この病気はどの世代でもなりかねない病気なのですが、そのなかでも20代から30代といった若年層に多い病気です。症状に関しては下痢や腹痛といった症状があり、ひどいものであると熱が出たりします。完治させることが難しく、再発することも多いので、この潰瘍性大腸炎は難病に指定されています。

治療法は

潰瘍性大腸炎の治療法に関しては、症状の比較的軽いものであると食事療法が行われることが多いです。この潰瘍性大腸炎は栄養失調にもなりやすい病気であるので、高カロリーの食事を摂取することを推奨され、それに加えて消化管に負担のかかりやすい脂質や食物繊維が多いものは避けるように指導されます。食事が摂取できない状態である場合は点滴を打つことで解決することもあります。また、症状のひどいものであると、ステロイドを使用した薬物療法がとられることもあります。また、場合によっては大腸を全て摘出したりしてしまう場合もあります。この場合に関しては癌と化してしまっていたり、出血の量が尋常ではない量になってしまっている場合になります。