下肢静脈瘤の名医がいる病院を利用しよう~安心の治療技術~

3人の看護師

がんと闘う人へ

女性医師

がんの有効な治療法

がんは病気になる部位にもよりますが、日本人特に40代から50代に増えている病気です。がんになるメカニズムは近年解明されつつありますが、長期に渡って刺激を受け続けたり、食生活などの要因によって細胞ががん化することで起こります。その原因は食生活だけに限らず、たばこやストレスなども影響していると考えられるため、予防することも非常に大切と言えます。近年がんを患った時の様々な治療法が発明されています。手術でそのがん化した部位を取り除く方法や放射線治療です。以前では完治させるということが難しかった病気ではありますが、今となっては治せない病気ではなくなっているのです。この放射線治療はがんに対して有効であるとされ、選ばれることの多い治療法です。

具体的な治療法と概要

放射線治療は、放射線を体のがん化した部分に照射することによって行われます。放射線自体、二回同じ部分に照射ということができないという特徴もあります。放射線治療が発明されたことによって、体を切らなくてもがんを治療することが可能となりした。また臓器のがん化した部分だけを切り取ることができるので、今までよりも迅速かつ良い方法で治療することができます。放射線治療には副作用もあり、疲労感や吐き気が続いたり、髪の毛が抜けるといった症状が現れます。この副作用は放射線そのものの特徴があるから起きるとされています。その為、何でも放射線治療をすれば良いというものではなく、あくまで選択肢の一つとして認識する必要があります。