下肢静脈瘤の名医がいる病院を利用しよう~安心の治療技術~

3人の看護師

生まれつきの病気と闘う

病棟

病気の概要と症状

子供がお母さんのお腹にいる初期段階の時に、脳血管が形成されます。この脳血管が何らかの以上が起き、毛細血管が上手く作られず、それにより動脈と静脈がつながったことによっておきる病気が脳動静脈奇形と言われます。先天性のものではありますが、特に遺伝する病気というわけではありません。この脳動静脈奇形が起きるのは脳の内部だけでなく表面にもできます。これは年齢とともに徐々に大きくなることで、自然に破れることがあり、それによってくも膜下出血やてんかんなどが起こる可能性があります。最も多いと言われる症状が脳内出血で、この脳動静脈奇形を原因として言語障害や視野障害などな起こるのです。自覚症状で言えば、吐き気や嘔吐などがあります。

治療法はどのようなものか

脳動静脈奇形を発見するには、先に述べたような自覚症状やくも膜下出血などがきっかけとなります。その症状を発端として検査をする場合、まずMRIなどをとることが有効です。それらで脳の中を確認して、動脈と静脈の位置を把握しておく必要があります。脳内出血などを起こした場合、入院をして安静にしたあと、手術を行う必要があります。最終的に完治させるには、外科による該当部位の全摘出しかありません。しかし体の状態が安定していない場合であれば、手術を行うことができない場合があります。またその年齢や性別、その大きさなどによってはできない場合がありますので注意が必要です。手術が困難な場合であれば、放射線治療を行うことも可能です。